logo

LINEのチャットボットでAIと人による組み合わせサポートが可能に--モビルスと連携

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AI技術を活用したコミュニケーションプロダクトを開発するモビルスは10月24日、LINEのチャットボット「LINE BRAIN CHATBOT」と、同社が提供するチャットシステム「モビエージェント」が連携したことを発表した。モビルスでは今後、順次展開されていくAI技術「LINE BRAIN」の音声認識、文字認識(OCR)、音声合成、画像認識の技術にもいち早く対応し、技術面・運用面でのノウハウを蓄積するとしている。

AIによる自動応答と、有人によるサポートが可能に
AIによる自動応答と、有人によるサポートが可能に

 モビルスでは、企業のコンタクトセンターや自治体などを中心に、LINE上で相手に応じて必要なタイミングで必要な情報を配信できるシステム「モビキャスト」や、AIと人の連携が可能なシステム「モビエージェント」、これらの基礎技術を基に自治体向けサービスとして開発した「モビルス×LINE 住民サービス」など、LINEを活用したソリューションを提供してきた。

 新たにLINE BRAIN CHATBOTと連携するモビエージェントは、チャット対応時のオペレーター支援を目的としたシステム。チャットボットによる自動応答と、オペレーターによるチャット対応の切り替えや連携が簡単にでき、定型文やFAQなど回答例の呼び出しやナレッジの蓄積・共有など、オペレーター業務を支援する機能がついていることが特徴だ。

 同社では、今回の連携により、回答精度が高いAIチャットボットによる自動応答と、オペレーターによる対応の両方が可能となるため、より顧客満足度の向上に繋がるチャットサポートが実現できるようになると説明している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]