logo

ソニー、スマートホームサービス「MANOMA」リニューアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーネットワークコミュニケーションズは10月18日、スマートホームサービス「MANOMA(マノマ)」において、専用の「MANOMAアプリ」のユーザーインターフェースを全面リニューアルしたと発表した。同日以降、App StoreおよびGoogle Playで順次公開される。

スマートホームサービス「MANOMA」のアプリをリニューアル
スマートホームサービス「MANOMA」のアプリをリニューアル

 MANOMAは、ソニーのAIホームゲートウェイや室内コミュニケーションカメラをはじめ、Qrio Lock、スマート家電リモコンなどのIoT機器とMANOMAアプリを連動させたサービス。ユーザーは外出先からの自宅見守りや、家事代行「家ナカサービス」などを、不在時でもセキュアな環境で利用することができる。

 今回、MANOMAアプリについて、アプリを立ち上げるだけで、家族や家の状態がひと目で分かるようにデザインを一新。画面遷移すること無く、スクロールにより全ての機能へアクセス可能となった。

 ライブカメラにより、家の様子をリアルタイムに確認できるほか、家族の在宅・不在を一覧で確認が可能。よく使う機能の表示位置カスタマイズに加え、アプリを開くことなく、アクションの選択や家電の遠隔操作もできる。別途オプションを追加すれば、異常を感知した際に、セコム駆けつけサービスへのアクションも可能となる。

 Amazon Alexaによる家電操作、室内カメラによる家の見守りとコミュニケーション、人感センサーによる侵入者検知とアラートなどを備えた「スタンダードプラン」は、月額税別3580円となる。

家族や家の状態がひと目で分かる一覧性の高いデザインを採用
家族や家の状態がひと目で分かる一覧性の高いデザインを採用

 さらに、外出先からの鍵の解施錠、立会不要で家ナカサービスの利用、スマートタグを利用した家族の在宅状況把握と呼び出しを加えた「トータルプラン」は、月額税別4980円となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]