logo

「iPhone」の50%に「iOS 13」が普及--リリースから1カ月未満で

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年10月18日 08時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月にリリースされたばかりの「iOS 13」が、既にかなり多くの「iPhone」にインストールされている。

iPhone
提供:Jason Cipriani/CNET

 Appleは、開発者向けサポートサイトの「App Store」に関する記事を更新し、米国時間10月15日の時点で、最新モバイルOSであるiOS 13が、過去4年間にリリースされたiPhoneの55%、接続されているすべてのiPhoneの50%にインストールされていることを明らかにした。(過去4年間と全体の両方で)約40%のiPhoneでまだ「iOS 12」が使われているが、それ以前のバージョンのiOSが使われているのは、どちらのカテゴリでも10%に満たない。

 Appleによると、これらの数値はApp Storeで集計されている。iOS 13の最初のバージョンがリリースされたのは9月19日で、「iPadOS」と「iOS 13.1」がリリースされたのは9月24日だ。iOS 13の普及ペースは、2018年のiOS 12のときと同程度。iOS 12も1カ月未満で50%に達した。

 一方「iPad」については、過去4年間にリリースされたiPadの41%が既にiPadOSに移行しており、51%がまだ2018年のiOS 12を使用している。すべてのiPadで見ると、最新ソフトウェアに移行したのは33%、iOS 12を使用しているのは51%、それ以前のバージョンは16%となっている。

 iPadOSは、iOS 13のiPadに特化したバージョンといえる。iPhone向けのiOS 13と同じ改良点の多くを備えるが、Appleは2019年のiPad向けOSに固有の名称を付けた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]