logo

グーグルのクラウドゲームサービス「Stadia」、11月19日に開始へ

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年10月16日 10時15分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのハードウェア責任者を務めるRick Osterloh氏は米国時間10月15日、ニューヨークで開催された「Made by Google」イベントで、Googleのクラウドゲーミングサービス「Stadia」を11月19日に北米や欧州で提供開始することを発表した。Stadiaのゲームはテレビ、ノートPC、「Pixel」スマートフォン上でプレイできるようになると、Osterloh氏は述べた。

Stadia
Stadiaはホリデーシーズンに間に合うように提供される
提供:Sarah Tew/ CNET

 Googleによると、Stadiaのコントローラーは初のクラウドベースのコントローラーで、他のコントローラーよりも快適に握れるように設計されているという。

 9月に報じられた「Android TV」のロードマップでは、Stadiaが同プラットフォームで提供される可能性が示唆されていた。

 Googleは2019年夏の間、同ゲーミングサービスの情報を少しずつ公開していた。有料サブスクリプションプラン「Stadia Pro」は月額9.99ドル(約1100円)で、4K/60fps、HDR(35Mbps)、5.1chサラウンドサウンドでプレイできるプランで、フリープレイのゲームがライブラリに追加されるほか、割引特典が提供される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]