logo

テクニクス、磁性流体ダイナミックドライバを搭載したイヤホン

加納恵 (編集部)2019年10月08日 13時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは10月8日、テクニクスブランド初となるステレオイヤホン「EAH-TZ700」を発表した。業界初の磁性流体を用いたダイナミック型ドライバーを搭載する。発売は11月15日。税別価格は12万円になる。

「EAH-TZ700」
「EAH-TZ700」

 磁性流体を用いたダイナミック型ドライバー「プレシジョンモーションドライバー」は、ボイスコイル部の磁気ギャップに磁性流体を充填し、磁性流体表面をボイスコイルが滑るように動作させることで振動板の正確なストロークを実現。振動板の正確な保持を可能としたほか、振動板とエッジ部で異なる素材を使用することで、広帯域再生を実現している。

 ドライバーの前後には、空気の流れを精密にコントロールする「アコースティックコントロールチャンバー」を搭載。理想的な帯域バランスとフラットな特性が得られるとしている。

 ハウジングは異種金属を組み合わせた独自構造を使用し、振動を分散、抑制することで、高解像度の音を実現。ポートハウジングには軽量・高硬度なチタン、本体ハウジングには軽量で振動減衰特性に優れたマグネシウムダイカストを使用。ドライバーの持つ広帯域性能を活かし切るため、点音源がダイレクトに伝わるよう、ドライバーとポートは同軸レイアウトにしている。

 円型(ノーマルタイプ)と楕円型(オーバルタイプ)の2種類、S、M、L、XLサイズのシリコン製イヤーピースを同梱。着脱コード(直径3.5mmステレオミニプラグL型)に加え、着脱バランスコード(直径2.5mm4極L型)も付属する。本体とコードの接合部にはMMCX接続端子を採用。接続端子にはローレットを施したほか、金メッキ仕上げになっている。

 再生周波数帯域は3Hz~100kHz。インサイドホン本体と接続コードを収納して持ち運べる専用のキャリングケースを付属する。

2種類4サイズのイヤーピースを同梱する
2種類4サイズのイヤーピースを同梱する

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]