logo

アップル、「iPhone」のディスプレイ内指紋センサーを開発中か

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年09月06日 07時07分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年に発売された「iPhone X」以降、iPhoneの最近のラインアップには顔認証システムとして「Face ID」が搭載されている。その状況は変わらないかもしれないが、指紋認証が今、復活を果たそうとしているようだ。

指紋センサ―
提供:Angela Lang/CNET

 Bloombergの米国時間9月5日付けの記事によると、Appleは、将来のiPhone向けにディスプレイ内指紋センサーを開発中だという。斬新なイノベーションではないが、サムスンやOnePlusの最新機種を含めて、2019年に発売されたかなり多くのスマートフォンに、類似の技術が既に利用されている。これを搭載すれば、Appleは、iPhone最新シリーズのベゼルの細いデザインを保ったまま、新しいセキュアなログイン方法を追加することができる。

 Bloombergによると、この新機能は、早ければ2020年にアップデートされるiPhoneに搭載される可能性があるが、2021年になる可能性もあるという。ディスプレイ内指紋センサーは「既存のFace IDシステムと連動して」機能するとも記されている。

 Bloombergによると、「iPhone SE」の後継機種も2020年発売に向けて開発が進められているらしいとのことだが、こちらは「iPhone 8」に似ていて、ホームボタンの物理的な指紋センサー「Touch ID」を踏襲するという。

 Appleは来週、iPhoneの最新シリーズを発表する見込みで、背面カメラの追加、他の端末をワイヤレス充電する機能、ガラスの強化が、主な特長になるとされている。一方、2020年のiPhoneは、大幅刷新版になるとされている。ディスプレイ内指紋センサ―が追加される可能性に加えて、5Gに対応する初のiPhoneになるとも言われている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]