logo

オムロン、京王線新宿駅で言語を自動識別する「駅案内ロボット」を試験運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オムロンの子会社として社会システム事業を担うオムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は9月5日、自動言語識別機能を搭載した駅案内ロボットの試験運用を、9月18日より、京王電鉄 京王線新宿駅にて開始すると発表した。

 駅案内ロボットは、2019年3月16日から8月27日まで、京王電鉄 井の頭線下北沢駅にて、利用客からの問い合わせ対応の実証実験を行っていた。

 日本語に加え、英語、中国語、韓国語の4カ国語での案内に対応しており、利用者の約3割が外国語を使用していたことから、さらなる利便性の向上を目指し「自動言語識別機能」を搭載した。

 同機能により、画面上で手動による使用言語の選択が必要なくなり、話しかけるだけで言語が自動識別されるようになる。

 なお、同機能の搭載に合わせて、強化した駅案内ロボットを京王電鉄新宿駅に移設する。

 京王線新宿駅は、訪日外国人が多く利用しており、同社では同駅での試験運用を通じて、雑踏環境下での音声認識や外国語応対に対する知見の獲得を目指す。

京王電鉄 京王線新宿駅における設置イメージ
京王電鉄 京王線新宿駅における設置イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]