logo

米卸の神明と「食べチョク」のビビッドガーデンが資本業務提携--「日本の農業を元気に」

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2019年09月05日 15時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビビッドガーデンは9月5日、米卸で国内最大手の神明ホールディングスと資本業務提携契約を締結したと発表した。金額は非公開。

こだわり農家と消費者をつなぐオンラインマルシェ「食べチョク」
こだわり農家と消費者をつなぐオンラインマルシェ「食べチョク」

 同社は、こだわり農家に高い利益率での販路を提案するオンラインマルシェ「食べチョク」を提供。全国から450軒以上の生産者が登録している。

ビビッドガーデンの事業ビジョンとプロダクトコンセプト
ビビッドガーデンの事業ビジョンとプロダクトコンセプト

 神明ホールディングスは、基幹事業である米穀事業に加え、無菌包装米飯・炊飯米などの加工食品の製造販売、外食事業の展開など、青果物や水産品も含めた「川上から川下までの食のバリューチェーン」の構築に向け積極的に事業を展開している。

ビビッドガーデン 代表取締役社長の秋元里奈氏
ビビッドガーデン 代表取締役社長の秋元里奈氏

 今回、食べチョクのプラットフォームと、神明ホールディングスの持つ物流関係も含めたグループ会社との連携により、生産者により多くの価値を提供できると考え、資本業務提携に至ったという。

神明ホールディングスが直面する業界の課題
神明ホールディングスが直面する業界の課題

 なお、提携の内容として、(1)両社における米をはじめとした取扱農産物の拡大、(2)消費者向け「食べチョク」のサービス充実、認知拡大、(3)飲食店向け「食べチョクPro」における販売先の拡大、(4)「食べチョク」および、「食べチョクPro」における配送の効率化、(5)その他両者協議により必要と考えられる事項──の5つを挙げている。

ビビッドガーデンと神明の提携による「こめチョク」構想
ビビッドガーデンと神明の提携による「こめチョク」構想

 詳細については、両社間で協議のうえ、別途取り決める予定。

 また、神明は同日、農業総合研究所と業務提携契約を締結したことも発表した。米及び野菜・果物の取扱量拡大を目的とし、それぞれの集荷・販路インフラを相互利用するとしている。

 農業総合研究所は、全国約8500名の登録生産者と都市部を中心とした約1400店舗のスーパーマーケットをITでダイレクトにつなぎ、独自の情報・物流・決済のプラットフォーム構築による、農産物流通システムを展開している。

ビビッドガーデン 代表取締役社長の秋元里奈氏、神明ホールディングス 代表取締役社長の藤尾益雄氏、農業総合研究所 代表役副社長の堀内寛氏
ビビッドガーデン 代表取締役社長の秋元里奈氏、神明ホールディングス 代表取締役社長の藤尾益雄氏、農業総合研究所 代表役副社長の堀内寛氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]