logo

PayPay、電気やガス料金などの請求書払いに対応--支払額の0.5%を還元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループとソフトバンク、ヤフーの3社が共同出資するPayPayは9月2日、電気・ガス料金などの公共料金の請求書に記載されたバーコードを読み取って支払える「PayPay請求書払い」の提供を開始したと発表した。バージョンは1.34.0以上が対象となる。


 同機能では、まず「東京ガス」「東京電力」「東京都水道局」「広島ガス」「中国電力」「九州電力」の請求書に対応する。また、9月30日には、「Yahoo!マネー」で支払える約300の地方公共団体や事業者の公共料金などの請求書に対応する予定。10月以降は、「北海道ガス」やその他に対応範囲を広げ、より多くの請求書に対応する予定だという。

 公共料金などを自宅にいながら24時間いつでも支払うことができるようになり、支払いのために外出したり、現金を引き出したりする時間や手間、引き出しの際にかかる手数料の節約になるとしている。さらに、PayPay請求書払いを利用すると、支払額の0.5%がPayPayボーナスとして付与されるという(ボーナス付与は支払日の翌月20前後)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]