logo

「Outlook」アプリと「Office.com」にダークモードが追加

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月29日 14時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダークモードの登場には時間がかかったが、2019年になってようやく普及が進んでいるようだ。今回ダークモードを新たに導入したのはMicrosoftで、この新たな色調のオプションがついに同社のさらなる「Office」アプリ群に追加された。

Microsoft
提供:Microsoft

 ダークモードは「Office 2010」のデスクトップアプリで最初に提供されたが、米国時間8月28日から「iOS」と「Android」の「Outlook」アプリと「Office.com」でもこの新たな色調が使えるようになった。

 また、「iOS 13」と「iPadOS」により、「iPhone」と「iPad」でもダークモードが使えるようになる。「Microsoft Office」のデザインを統括するJon Friedman氏はブログ投稿で、同社はiOS 13のリリースに伴い「モバイルアプリの『Word』『Excel』『OneNote』『PowerPoint』『SharePoint』『OneDrive』『Planner』『To-Do』でもダークモードが使えるようにする」と述べた。今後ウェブ版のPlannerとOneDriveでも使えるようになるとしたが、時期については明らかにしていない。

 目に優しいと感じる人がいることに加えて、Microsoftはダークモートが「旅行や長時間の外出の際にバッテリー消費を節約できる可能性もある」としている。Android版Outlookでは、デバイスの「バッテリーセーバー」がオンになっていると自動的にダークモードに切り替わるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]