logo

「Googleアシスタント」で家族や友人にリマインダーを送信可能に--米国などで

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月16日 07時42分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月15日、「Googleアシスタント」で家族や友人のスマートフォン、「Google Home」などにリマインダーを送信できる新機能を発表した。

Googleアシスタント
提供:Richard Nieva/CNET

 新機能「Assignable reminders」(割り当て可能なリマインダー)の仕組みは次のとおりだ。まず、「ヘイ、Google」と言ってGoogleアシスタントを起動し、午後6時にゴミ出しをするよう夫にリマインドしたり、明朝ドライクリーニングを受け取りに行くよう同居人にリマインドしたりするよう伝えるコマンドを添える。

 リマインダーは、相手のスマートフォンやGoogle Homeスマートスピーカー、またはアシスタント対応のスマートディスプレイに送信される。相手は、自分のリマインダー一覧を表示するようアシスタントに指示することもできる。アシスタントは、ユーザーの音声を認識した場合のみ、指示に従う。リマインダーを送信できるのは、Googleアカウントで家族として登録されているユーザー、あるいは同じGoogle Home機器にリンクされているアカウントのユーザーや「Voice Match」でリンクしたユーザーのみだ。

 現在位置に基づいてリマインダーを設定することも可能だ。例えば、友人に食料品店で何かを買ってきてほしい場合に、相手がその建物に着いたときにリマインダーが表示されるよう設定することができる。

 この機能は、今後数週間のうちに米国、英国、オーストラリアにおいて、スマートフォン、スピーカー、スマートディスプレイで英語で利用できるようになる。秋にリリースされる「Google Nest Hub Max」でも対応する。

Googleアシスタント
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]