logo

スマホカメラをさらなる高みに--サムスン、1億画素のモバイル向けイメージセンサーを発表

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月13日 06時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Galaxy Note10」シリーズのスマートフォンを発表したばかりのサムスンは、1億800万画素のモバイル機器向けイメージセンサーによるカメラの未来に既に目を向けている。同社は米国時間8月12日、小米科技(シャオミ)と提携して開発した1/1.33インチの「ISOCELL Bright HMX」を発表した。

サムスンの看板
提供:Olly Curtis/Future via Getty Images

 明るい環境では1億800万画素の写真が撮影可能で、暗い環境では同社の「Tetracell」技術によってより多くの光を集め、2700万画素の画像を生成することができる。動画については、6K/30fpsでの撮影が可能だ。

 サムスンのセンサー事業担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるYongin Park氏によると、1億画素を超える写真が撮影可能な、世界初のモバイル機器向けイメージセンサーだという。

 「少数の最高機種のDSLR(デジタル一眼レフ)カメラでしかこれまで提供されていなかった画像解像度が、スマートフォンに搭載できるようになったことをとてもうれしく思う」と、シャオミの共同創設者で社長のLin Bin氏は声明で述べた。

 量産は8月中に開始される。サムスンは、どのスマートフォンに最初にISOCELL Bright HMXが搭載されるかは明らかにしなかったが、シャオミと提携していることから、シャオミのスマートフォンになると考えられる。

 シャオミはコメントを避けた。サムスンにも詳しいコメントを求めたが、直ちに回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]