logo

グーグル、「Stadia Connect」イベントを8月19日に開催へ

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年08月07日 09時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのクラウドゲーミングプラットフォーム「Stadia」は11月に提供開始予定だが、このサービスについてはまだ疑問がいくつか残っている。8月後半に開かれる新しい「Stadia Connect」イベントでは、新作ゲームの概要を含めて、いくつかの疑問が解明される予定だ。

提供:Juan Garzon / CNET
提供:Juan Garzon / CNET

 Googleは、米国東部時間8月19日午後1時(太平洋時間午前10時)にStadia Connectイベントを開催し、新作ゲームについて語ることを、YouTubeのライブ配信の説明で明らかにした。欧州のビデオゲーム見本市である「Gamescom」がドイツのケルンで8月20~24日に開催されるので、その初日の前日というタイミングだ。

 Stadiaには2つのプランが提供される。「Stadia Pro」は月額9.99ドル(約1060円)で、4K/60p HDRの画質と5.1chサラウンドサウンドでプレイでき、いくつかの無料ゲームが提供される。「Stadia Base」は2020年に提供開始される無料プランで、1080/60pのストリーミングしかできず、ゲームを購入しなければサービスは利用できない。

 Stadiaはクラウドベースだが、利用には特定のハードウェアが必要だ。テレビでサービスを利用するには、Stadiaコントローラーに加えて「Chromecast Ultra」が必要。Stadiaの製品担当ディレクターを務めるAndrey Doronichev氏は「Reddit AMA」で、将来的にはより多くのBluetoothコントローラーに対応する計画があると述べた。提供開始時には、「Google Pixel 3」でも同サービスが利用可能になる予定で、その後、さらに多くの「Android」スマートフォンからアクセス可能になるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]