logo

アップル、「Siri」の音声分析を停止--グーグルもEUで

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2019年08月05日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、音声アシスタント「Siri」のユーザーによる質問の録音を請負業者に送信するプログラムを停止した。プログラムの目的は、Siriがユーザーの質問を正しく解釈しているかどうかや、誤って起動されていないかどうかを調べることだった。

 この措置は、The Guardianによる内部告発者へのインタビューに基づく報道を受けたものだ。この内部告発者は、Appleの複数の請負業者が、きわめて機密性の高い情報を含むSiriの録音を定期的に聞いていることを明らかにした。

 Appleは、Siriがユーザーの質問を正しく解釈しているかどうかや、誤って起動されていないかどうかを段階評価する、いわゆる「グレーディング」プログラムを実施している。音声の断片はユーザーIDに紐づけられていない。

 AppleはTechCrunchの取材に対し、次のようなコメントを出した。「われわれは徹底的な見直しを行う間、世界全体でSiriのグレーディングを停止する。さらに、今後のソフトウェアアップデートの一環として、ユーザーはグレーディングに参加するかどうかを選択できるようになる」

 Appleは、個人情報を広告主に販売していないとするプライバシーポリシーを強調している。プライバシーポリシーでは確かに、Siriの改善のために録音が行われるとしているが、確認のために録音が誰かに送信されるとは書かれていない。

 Appleのプログラム停止に関するニュースの前には、ベルギー発の報道で、スマートスピーカー「Google Home」および「Android」スマートフォンに搭載された「Googleアシスタント」で録音された音声ファイルを、Googleの従業員らが「組織的に聞いている」と伝えられた。

 ハンブルグのデータ保護当局は1日、Googleとその請負業者が同日から少なくとも3カ月間、Googleアシスタントから取得した音声の評価を欧州連合(EU)全域で停止すると発表した

 ハンブルグのデータ保護当局のJohannes Caspar氏は、GoogleアシスタントがEUの一般データ保護規則(GDPR)を順守していたかどうかについて、「大きな疑念」を抱いていると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]