logo

楽天、2つの物流センターを新設--千葉県習志野市と神奈川県大和市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は8月1日、同社が運営する総合物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」において、2つの物流拠点を新設すると発表した。

キャプション

 野村不動産が開発する大型物流施設「Landport東習志野」(所在地:千葉県習志野市)の全フロアおよび、ダイワコーポレーションが運営する大型物流施設「ニッセイロジスティクスセンター横浜町田」(所在地:神奈川県大和市)の一部フロアを貸借する契約をそれぞれ締結する予定。これらの施設は2020年中頃より「Rakuten Fulfillment Center Narashino」および、「Rakuten Fulfillment Center Chuorinkan」として稼働を開始する予定だという。

 楽天スーパーロジスティクスは、「楽天市場」出店店舗の商品の保管から出荷までを一括で担う総合物流サービス。同社はこれまでも、千葉県市川市、流山市、兵庫県川西市、尼崎市および、大阪府枚方市に物流センターを設けており、入荷から配送までの物流サービスを提供してきた。

 これらの既存の物流センターが順調に稼働率を上げ、2020年中頃には満床となることが想定されたことから、新たに物流センターを開設。同サービスのさらなる処理能力向上を図るとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]