logo

紙文書業務の効率化をワンストップで--PFU、「トータルキャプチャーサービス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PFUは、紙文書業務の効率化による生産性向上を、導入検討段階のアセスメント、PoC支援、システム設計、構築、運用保守、業務システムとの連携まで、ワンストップサービス化した「トータルキャプチャーサービス」の提供を開始した。

キャプション

 同社が得意としている紙文書の電子化「OCR技術」と、紙文書入力業務の効率化インテグレーションの長年の実績および、業務用イメージスキャナー「fi」シリーズをベースにサービス化したもので、顧客の現場業務の改善・改革を実現する同社のサービス商品体系「PFU Enterprise Smart」の中核サービスとして提供する。

 AIを活用してより高度な識別・抽出、学習ができるAI-OCR技術により、定形レイアウトだけでなく、多様なレイアウトや可変明細にも対応する。単にOCRの認識率を見るだけでなく、なぜ認識率がよくないかの理由や傾向を分析し、帳票の変更などの提案やアドバイスができるのはPFUならではの強みという。

キャプション

 

 なお、「トータルキャプチャーサービス」は、「アセスメントサービス」「プロフェッショナルサービス」「オプションサービス」でという3要素で構成され、「アセスメントサービス」で顧客の現状業務をヒアリングして分析。最適なOCRシステム設計とともに、紙文書の受領からデータエントリーまで「プロフェッショナルサービス」と「オプションサービス」を適用し、業務プロセス全体の自動化を実現する。

キャプション

 また同社では、サービス商品体系「PFU Enterprise Smart」に、今回新たに提供を開始する「トータルキャプチャーサービス」をはじめとしたドキュメント関連のサービスと、ICT基盤を支えるインフラ/セキュリティサービスを拡充する。

キャプション

 顧客ニーズに合わせて、これらのサービスを組合せて提供することで、スピーディーかつ効果的に業務改善・改革を実現するとしている。

キャプション
キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]