logo

メルカリ、取引されているブランドランキングなどインフォグラフィック公開

佐藤和也 (編集部)2019年07月06日 07時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」が7月2日付けでサービス開始6周年を迎えたことにちなみ、1年の歩みを数字で振り返る「数字で見るメルカリ」のインフォグラフィックを公開している。

利用時間など
利用時間など

 2018年4月から2019年3月までの1年間において、最も買われているブランドならびに、最も売られているブランドは、同ランキングで2年連続「ユニクロ」が1位という結果に。以降はナイキやアディダス、アップルなどが名を連ねている。また、最も高く売れたものは「ロレックス デイトナ」で、260万円で取引されたとしている。

取引ブランドランキングなど
取引ブランドランキングなど

 2018年1月から12月までを対象に、都道府県別にみた1人あたりの年間購入金額のランキングでは、東京都が4万1253円でトップ。年間販売金額のランキングでは和歌山県が7万7267円で1位に。市場に出回っていないようなヴィンテージ品や、地方では入手困難なものなど多様なものが出品されているメルカリならではの特長があるとし、都市部よりも地方で購入されている金額が高い傾向があると同社では分析している。

都道府県別ランキング
都道府県別ランキング

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]