logo

9インチ2画面の折りたたみ式「Surface」、2020年前半に発売か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月25日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、折りたたみ可能な「Surface」を2020年上半期の発売に向けて開発中だという。このデバイスにはアスペクト比4:3の9インチディスプレイが2つ搭載されるようだ。市場調査会社IHS Markitが、サプライチェーンの情報筋の話としてForbesに語った

Surface
2020年に折りたたみ式Surfaceを目にすることになるかもしれない
提供:Sarah Tew/CNET

 このハイブリッドデバイスは「Windows Core OS(WCOS)」を採用してデュアルスクリーンに対応し、「Android」アプリやAppleの「iCloud」サービスを実行できるという。Forbesの記事によると、Intelの10nmプロセス採用SOC「Lakefield」が搭載され、LTEまたは5Gによる常時接続が可能だとIHSは述べたという。

 折りたたみ式Surfaceについては、「Centaurus」という開発コード名で呼ばれるデュアルスクリーン型Surfaceの社内デモが行われたという報道が6月初旬にあり、その後もさまざまな情報が流れた。報道によれば、Centaurusは、2018年後半に開発が中断された折りたたみ可能なポケットサイズのデュアルスクリーン搭載デバイス「Andromeda」の後継にあたる製品だという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]