logo

グーグル、独自タブレットの開発を終了--ノートPCに注力へ

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年06月21日 10時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、タブレット開発の取り組みを終了し、「Pixel Slate」の後継機はリリースしないと認めた。その代わり、ノートPCに注力するという。Googleが米国時間6月20日に明らかにした。

Pixel Slate
Pixel Slate
提供:Sarah Tew/CNET

 Googleは2018年10月にPixel Slateを発表し、同年11月に最低価格599ドル(約6万4300円)で発売した。

 Googleは、より小型のタブレット2機種を開発中だったが、タブレットというフォームファクターからは手を引いたと、Computerworldが20日に報じた。その影響を受ける従業員は、すでにタブレットを開発する部署からノートPCを開発する部署へと配置転換されているという。

 Google製のハードウェアについて言えば、同社は現在、ロードマップの焦点をノートPCである「Pixelbook」シリーズの開発に置いていると、Googleの広報担当者は米CNETの取材に応えて語った。

 「ファーストパーティのハードウェアに関する取り組みについては、『Chrome OS』搭載ノートPCに注力するが、Pixel Slateのサポートは今後も継続する」「Chrome OSは、幅広いフォームファクターで人気が高まっており、ノートPCとタブレットについてパートナーのエコシステムと協力を続けていく」(同担当者)

 Googleでデバイスおよびサービス担当のシニアバイスプレジデントを務めるRick Osterloh氏も、この動きを認めた。

 「事実だ……Googleのハードウェア担当チームは、進行中のノートPC開発だけに焦点を合わせていく。だが勘違いしないでほしい。AndroidおよびChrome OS担当チームはこれからもずっと、市場のすべての分野(消費者向け、エンタープライズ向け、教育用)で、タブレットに関してパートナーとの協力に100%本気で取り組む」とOsterloh氏は20日にツイートした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]