logo

アップル、一部の旧世代15インチ「MacBook Pro」を自主回収--バッテリー過熱の恐れ

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月21日 08時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間6月20日、バッテリーが過熱し、安全上の問題が発生する可能性があるとして、一部の旧世代の15インチ「MacBook Pro」を自主回収すると発表した。

MacBook Pro
提供:Sarah Tew / CNET

 対象となるのは、主に2015年9月~2017年2月の間に販売された15インチのMacBook Proで、「MacBook Pro(Retina, 15-inch, Mid 2015)」というモデル名のものだ。

 Appleによると、同じ時期に販売された13インチのMacBook Proなどの他のMacBookに問題ないようだ。

 Appleは、対象のコンピューターについて、「バッテリーが過熱し、防火安全上の問題が発生する可能性がある」としている。「対象となる場合は、使用を停止」し、指定の方法でバッテリーを交換するよう求めている。

 同社は自主回収プログラムのウェブサイトで、ユーザーが製品のシリアル番号を入力し、端末が対象かどうかを確認できるようにしている。対象となる場合は、Apple Store直営店またはApple正規サービスプロバイダーより、バッテリーを無償で交換してもらうことができる。Appleは、修理に「1〜2週間かかる場合」があるとしており、ユーザーに対しあらかじめデータをバックアップしておくよう求めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]