logo

ファーウェイ禁止措置は安全保障を危険に--グーグルが米政権に警告か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年06月10日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleはTrump政権に対し、華為技術(ファーウェイ)の禁止措置によって、米国の国家安全保障が危険にさらされるおそれがあると警告したようだ。

Googleのロゴに重なるファーウェイのロゴ
提供:Getty Images

 The Financial Timesが3人の匿名情報筋の話として報じたところによると、Googleの上級幹部陣らは、ファーウェイのブラックリストからの除外を強く求めているという。このブラックリストは、米国企業がファーウェイと取引することを事実上禁止するものだ。

 報道によると、この禁止措置により、Googleはファーウェイのスマートフォンで「Android」をアップデートできなくなるため、ファーウェイは同OSの独自バージョンを開発するのではないかとGoogle幹部陣は懸念しているという。ファーウェイのAndroid代替OS(報道によると、「Hongmeng」という名称だという)はAndroidよりもハッキングされやすいと幹部陣は考えている。

 Googleの広報担当者は、「ほかの米国企業と同様、当社も米商務省と協力して、その要件と一時ライセンスに完全に準拠するよう努めている」と述べた。

 「われわれが注力しているのは、米国および世界中で何百万台も流通している既存のファーウェイ製携帯端末でGoogleユーザーのセキュリティを保護することだ」(Google)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]