logo

Google Pay、タッチ決済「iD」に対応--ライフカードと三井住友カードが登録可能に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは5月29日、非接触決済サービス「iD」が「Google Pay」に対応したと発表した。Android 5.0以上のおサイフケータイに対応した端末で利用可能となる。

キャプション

 Google Payは、Android搭載スマートフォンを利用し、店舗や交通機関、アプリ、ウェブサイトでの支払いに利用できる決済サービス。コンビニエンスストア、スーパー、ドラッグストアなど、全国のiD加盟店(決済端末約94万台)にて、Google Payでの支払いが可能となる。なお、Google Payでは、タッチ決済「QUICPay」にすでに対応している。

 今回、ライフカードと三井住友カードがiDを利用した決済に対応。三井住友カードは「SMBCデビット」のみ利用でき、クレジットカードによる決済については、2019年秋以降に対応予定。なお、SMBCデビットは「三井住友銀行アプリ」から申し込み可能。すぐにアプリ内でカード番号を確認できるため、そのままGoogle Payに登録できるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]