logo

BoseとSonos、スマートスピーカーを「Google Assistant」対応に--「Alexa」と二段構え

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、SonosとBoseのスマートスピーカーが音声アシスタント「Google Assistant」に対応すると発表(SonosBose)した。いずれも無償提供されるソフトウェアアップデートで、Google Assistantが使えるようになる。

Google Assistantにも対応したSonos Beam(出典:Google)
Google Assistantにも対応したSonos Beam(出典:Google)

 今回Google Assistantに対応するのは、「Sonos One」「Sonos Beam」「Bose Home Speaker 500」「Bose Soundbar 700」「Bose Soundbar 500」。5機種とも、Amazon.comの音声アシスタント「Amazon Alexa」に対応した状態で発売された。今回のアップデートにより、Amazon AlexaとGoogle Assistantの両方が使用可能となった。

 Sonos製スマートスピーカーのGoogle Assistant対応は、まず米国内で始まる。その後、英国、ドイツ、カナダ、オーストラリア、フランス、オランダなどに対象を順次広げていく。Boseについては、2019年夏以降に発売予定の「Bose Home Speaker 300」もGoogle Assistantに対応させる。

これから発売されるBose Home Speaker 300もGoogle Assistant対応(出典:Google)
これから発売されるBose Home Speaker 300もGoogle Assistant対応(出典:Google)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]