logo

Sonos、スマートスピーカの「Googleアシスタント」対応を2019年に延期

Ty Pendlebury (CNET News) 翻訳校正: 編集部2018年11月02日 14時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sonosは、同社のスマートスピーカの「Sonos One」と「Sonos Beam」に「Googleアシスタント」が搭載されるのは2019年以降になると発表した。

 同社のスマートスピーカは現在Amazonの「Alexa」に対応しているが、「Googleアシスタント」をはじめとするその他の音声アシスタントの対応は、2017年のSonos One発売時からの主要なセールスポイントの1つだった。

 「当初は2018年にGoogleアシスタントを搭載した製品を出荷できるよう計画を進めていた」「実際のところ、実用化にはもう少し時間がかかるため、現在は2019年の出荷を見据えて着実に進んでいる」と、Sonosは米国時間11月1日にブログへの投稿で述べた。

 Sonosは米CNETに対して、GoogleアシスタントをSonosで使えるようにするために新たなプラットフォームを構築しなければならなかったと述べた。

 「密接な連携を一から構築していて、シームレスに使えるようにしたい」と同社の広報担当者は述べた。

 同社によると、Googleアシスタントのサポートは、顧客から寄せられる最も多い問い合わせの1つで、同社は8月に「Sonos Amp」を発表した時点では2018年内にサポートできるようになると自信を見せていた。

 代わりに、Sonosはプライベートベータ版を発表した。「まずは数百世帯、数カ月後には数千世帯」に試してもらうという。同社は2019年初めに進捗についての最新情報を伝えると述べている。

 AlexaとGoogleアシスタントの両方を搭載しようとしている企業はSonosだけではない。Marshall Amplificationの広報担当者は米CNETに対して、同社もスマートスピーカ製品へのGoogleアシスタントの搭載を2019年に延期することを認めた。

 その一方で、SonosはRokuと協議を進め、同社のスマートスピーカにRokuの音声アシスタント「Roku Entertainment Assistant」を追加する計画を進めている。Rokuは10月に、同社のストリーミングデバイスにGoogleアシスタントのサポートを追加したばかりだ。

Sonos
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]