logo

グーグル親会社Alphabet、トロントで2023年にもスマートシティーのビルをオープンか

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年05月23日 10時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleの親会社Alphabetが、2023年にもトロントに同社初のスマートシティービルをオープンする予定だと報じられている。

Sidewalk Labs
提供:Sidewalk Labs

 Googleは最終的にそのカナダのスマートキャンパスに引っ越す予定だとCNBCは報じた。

 CNBCによると、Alphabet傘下のSidewalk Labs(主に都市環境の技術革新を手がける)の創業者で最高経営責任者(CEO)Dan Doctoroff氏はカナダで開催された「Collision Conference」で、このプロジェクトのタイムラインについて語ったという。

 Doctoroff氏は6月に提案書を提出する予定で、承認を得るための交渉の後、2020年中にスマートシティービルの建設に着手したい考えだとCNBCは報じた。最初のビルは2023年後半か2024年初頭にオープンする予定だという。

 Doctoroff氏は、「これらのことには時間がかかるが、このスマートキャンパスがオープンしてから数年以内に、生活の質の向上という観点から見た真の成果が現れ始めるだろう」と話し、「われわれはトロントにおけるGoogleのプレゼンスを大幅に拡大し、カナダの本社をウォーターフロントに移動させる予定だ」と述べたという。

 Sidewalk Torontoは、Doctoroff氏のCollision Conferenceでの発言をツイートした。それによると、Sidewalk Labsは「不動産とインフラストラクチャー、テクノロジーの観点から、カナダのパートナーを呼び込むことに注力しており、これには地元のテクノロジーエコシステムの成長を促す狙いもある」という。

 Justin Trudeau首相は2017年に、オンタリオ湖沿いのウォーターフロントにAlphabetのスマートキャンパスなどを建設するプロジェクトを発表した。

 この開発プロジェクトの当初の目的は、Sidewalk Labsに場所を提供することだったが、その後Googleも加わるとされた。

 米CNETはGoogleにコメントを求めたが解答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]