logo

N高、生徒が株式投資をする「投資部」を設立--1人あたり20万円を支給

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川ドワンゴ学園N高等学校(N高)は5月22日、実際の株式投資を通して生きた金融教育を提供する課外活動「N高投資部」を設立したと発表した。「村上ファンド」代表を務めていた村上世彰氏が立ち上げた村上財団のバックアップを受ける形で展開する。村上氏は特別顧問に就任し、生徒ひとりひとりの運用報告について直接フィードバックするという。

キャプション

 N高投資部では、生徒が株式投資を体験することで、主体的に経済動向を意識し、実社会に向き合う姿勢を育むという。部員はネットコース・通学コース問わず全校生徒から希望者を募り、書類選考ののち、審査を通過した50名程度で活動。5名1チームを組み3月の最終成果発表ではチームごとの成績を報告する。公開株の買い付けをするための運用資金については、村上財団から支給(1人当たり20万円)され、生徒にはリスクのない投資の機会を用意するという。

 投資未経験の部員であっても、定期的に開かれる証券会社による「株式投資を一から学ぶ授業」や、社会人に向けた数学・統計学の教室を運営する、すうがくぶんかによる「投資に活かせる統計指導」により、知識が深められるとしている。また、モチベーションが高く、投資のために本気で勉強する優秀な生徒には、運用資金を増額する制度も設けている。

 N高投資部の設立を記念し、高校を舞台に投資をテーマにした漫画「インベスターZ」とのコラボレーション企画を実施。著者の三田紀房氏が同部のメインビジュアルを描き下ろしたほか、「リアル投資部誕生記念!インベスターZ 1〜5巻無料合本版」と題した電子書籍版の無料キャンペーンを実施する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]