logo

グーグル、肺がん診断でのAI活用を検証--放射線科医より高い検出率、低い誤検出率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディープラーニング(深層学習)などの人工知能(AI)技術を医療分野の画像診断へ活用する研究に取り組んでいるGoogleは、CTスキャン画像から肺がんの兆候を診断する試みについて成果を発表した。まだ初期段階にある研究だが、人間の放射線科医よりも検出率が高く、誤検出率が低かったという。

肺がん診断でのAI活用を検証(出典:Google)
肺がん診断でのAI活用を検証(出典:Google)

 肺がんで死亡する人は全世界で年間170万人以上おり、がんのなかで死者がもっとも多く、そのほかの原因と合わせると6番目に多い死因だそうだ。早期発見できれば治療効果は高いものの、診察しても発見は難しく、ステージが進んでから見つけられる例が多い。

 これに対しGoogleは、複数のCT画像から作った3DモデルをAIで解析し、悪性腫瘍化の予測や微細な悪性組織の特定など、肺がん診断に利用できるかどうか検証。4万5856枚の胸部CT画像を処理し、6名の放射線科医と比較したところ、がんを5%多く見つけられた。さらに、誤検出の件数は11%以上少なかった。

CT画像をAIで解析(出典:Google)
CT画像をAIで解析(出典:Google)

 Googleは、AIによる肺がん診断の可能性を示せたとしている。研究をさらに進めることで、肺がん検査の実施推進へつなげたいとした。

 なお、AI技術は眼科、皮膚科、病理学といった分野での活用が研究されている。例えば、Googleは糖尿病網膜症の診断がん組織の検査に応用し、スタンフォード大学は皮膚がん検査への適用を研究。ファーウェイは、スマートフォンで子どもの視力障がいを早期発見する「Track AI」システムの開発に取り組んでいる。

 また、米食品医薬品局(FDA)は、医療機器メーカーIDxの網膜症AI検査機器「IDx-DR」に販売許可を与えた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]