logo

Chromiumベースの「Edge」、初のmacOS向けプレビュー版が登場

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2019年05月21日 08時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月20日、「Chromium」ベースの「Edge」について、初の「macOS」向けプレビュービルドを正式にリリースした。「Windows 10」向けに、ChromiumベースのEdgeとして初のCanaryビルドとDeveloperビルドが正式にリリースされたのは、1カ月前のことだ。

Edge
提供:Microsoft

 macOS向けのこの新しいEdgeでMicrosoftが目指すのは、「Macに似たユーザーエクスペリエンス」をユーザーに提供することだと、同社はブログに記している。つまり、macOS版Edgeでは、フォント、メニュー、キーボードショートカット、タイトルの大文字小文字表記などについて、Appleの慣例に従うことになる。

 それと同時にMicrosoftは、「Touch Bar」によるビデオコントロールといったMacの特定のハードウェア機能を対象とするものについては、一部の機能をmacOS版限定としている。

 Microsoftはこの新しいEdgeについて、macOSに対してもWindows版と同じプレビューチャンネルを提供する予定だ。毎週更新される「Dev Channel」を「まもなく提供」する予定だという。6週間毎に更新される「Beta Channel」も提供予定。Microsoftが20日にリリースしたのは、毎日更新の「Canary Channel」のプレビュー版だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]