logo

「Apple Watch」専用のApp Store、「watchOS 6」で登場か

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)2019年05月07日 11時08分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは年次開発者会議Worldwide Developers Conference(WWDC)で「Apple Watch」専用の「App Store」を発表する予定だと、Bloombergが米国時間5月6日に報じた。この最新アップデートは、「watchOS 6」の一部として配信されるという。

Apple Watch
「Apple Watch」専用の「App Store」が登場するかもしれない
提供:Angela Lang/CNET

 現行のApple Watch対応アプリは、「iPhone」のWatchアプリを通じてダウンロードし、そこからWatchに追加する必要がある。

 Appleがこの最新アップデートを一般向けにリリースする時期は不明だ。Appleの従来のやり方では、まず6月開催のWWDCでソフトウェアの大型変更について詳しく発表し、秋になってから、多くの場合アップデートしたハードウェアとともに一般向けリリースを開始する。

 BloombergはApp Storeの導入のほかにも、次期OSで提供されるとみられる、いくつかの最新アップデートについて報じている。なかでも注目は、Apple Watchからの音声録音を可能にする「Voice Memos」アプリ、オーディオブックが利用できる「Apple Books」アプリ、そしていよいよApple Watchをカシオの真の競合製品に変えるであろう電卓アプリだ。

 ヘルスケア関連では、薬の服用時間を知らせる新しい「Dose」アプリと、月経周期を追跡する「Cycles」アプリが登場すると報じられている。

 Appleは最新アップデートでさらに、新しい文字盤と「コンプリケーション」のほか、「アニ文字」と「ミー文字」も追加するとみられる。

 WWDCは6月3日にサンノゼで開幕予定だ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]