logo

「YouTube」アプリが「Fire TV」に、「Amazon Prime Video」が「Chromecast」に対応

David Katzmaier (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年04月19日 13時13分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleとAmazonは、動画ストリーミングサービスやハードウェアで大きな利害関係にあるライバル同士だ。その両社が共同発表で、Googleの公式「YouTube」アプリを、世界中で「数カ月以内に」Amazonのストリーミングデバイス「Fire TV」やFire TV内蔵テレビで利用できるようになることを明らかにした。一方で、Amazonの「Prime Video」アプリが、数カ月以内にGoogleのストリーミングデバイス「Chromecast」や「Chromecast built-in」対応デバイス向けに提供される。

 さらに、Prime Videoが「Android TV」向けに、「YouTube TV」と「YouTube Kids」の両アプリがFire TV向けに、2019年内に提供される。

提供:David Katzmaier / CNET
提供:David Katzmaier / CNET

 Fire TVとChromecastに対するこのようなアップグレードは、長年にわたる非互換性に対処し、各デバイスのユーザーがそれぞれYouTubeやPrime Videoを利用しやすくするものだ。また、Fire TVとChromecastが、「Roku」や「Apple TV」などのスマートテレビシステムに対する競争力を高めるのにも役立つ。多くのスマートテレビは、YouTubeやPrime Videoのアプリをずいぶん前から搭載している。

 2018年、GoogleはFire TVデバイスへのYouTubeの提供を停止した。Amazonが同社ウェブサイトでChromecastの販売を停止したことを受けたものだ。その後、Amazonは12月にChromecastの販売を再開していた

 公式YouTubeアプリがなくても、Fire TVユーザーはブラウザーを使えばいつでもYouTube.comにアクセスできる。

Fire TVユーザーはブラウザーでYouTubeを視聴できる
現在、Fire TVユーザーはブラウザーでYouTubeを視聴できる
提供:Sarah Tew/CNET

 Fire TV用の新しいYouTubeアプリは、今あるブラウザーを使う方法と比べていくつかの利点が期待できる。最大の利点の1つは、Amazonの音声アシスタント「Alexa」を使って、YouTubeの動画を直接検索できる点だろう。

 ブラウザーでYouTube TVを利用する方法はない。今のところ、Fire TVを使ってYouTube TVにアクセスすることはできないが、アプリが登場すればアクセスできるようになる。

 同じくYouTubeを見るのにブラウザーが必要な「Amazon Echo Show」については、YouTubeアプリが発表されなかった。

 NVIDIAの「Shield」やソニー製テレビなど、Android TVプラットフォームの多くのデバイスには、すでにPrime Videoのアプリがあるが、Googleによると、近いうちに、すべてのAndroid TVデバイスでこのアプリが利用できるようになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]