logo

Sansan、イベント事業を展開へ--名刺管理「Eight」の技術や顧客基盤を活用

佐藤和也 (編集部)2019年04月18日 10時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sansanは4月17日、名刺アプリ「Eight」の技術や顧客基盤をいかしたビジネスイベント「Meets」(ミーツ)を展開すると発表した。「買いたい人」と「売りたい人」とをつなぎ、社会の生産性を上げるビジネスイベントとしている。

Eightの技術と顧客基盤を活用し、最適なマッチングを行うイベントとなっている
Eightの技術と顧客基盤を活用し、最適なマッチングを行うイベントとなっている

 Meetsでは、注目度の高いビジネステーマを選定し、それに適した登壇企業をSansan側から招致。同時にEight上などで、そのテーマに最適な来場者を集客する。Eightは、230万人のユーザーを抱えるビジネスネットワークであり、名刺交換やフィード発信など、日々のビジネス活動の情報が蓄積。これを独自の技術で解析し、興味関心によるユーザークラスタリングを行うことで、それぞれのユーザーに最も適したイベントの集客を行うとしている。

 Meetsでは来場者に向けて、「セールスピッチ」「商談会」「フォローアップタイム」のコンテンツを用意。セールスピッチでは、登壇企業1社あたり6分、計6~9社のセールス・プレゼンテーションを行う。商談会は文字通りのもので、その日のうちに複数のサービスと商談を行うことも可能であるため、サービスを比較検討しやすいのが特徴。フォローアップタイムでは、カジュアルに来場者同士やプレゼンター同士が交流を行うことができる。

 1つのテーマにつき、午前と午後の2回開催を予定。定員は1回につき130名。会場は東京の表参道近くにあるストリングスホテルで、定期的に行う。来場者費用は無料、登壇者費用はStandard Planとして250万円(税別)、またスタートアップ企業向けのStart Up Planも用意され、価格は100万円(税別)としている。

今後の開催予定
今後の開催予定

78.8%が無駄を感じている商談の実態と課題解決

 同日に行われた説明会で登壇した、Sansan Eight事業部 Meetsチームプロジェクトリーダーの安藤琢哉氏は、業務プロセスの改善など課題解決に向けたツールやサービスを求めながら、うまくたどり着けない“買う側”と、それを提供したいが見込み顧客にアプローチできず、効率的な営業ができないという“売る側”の双方に課題があると指摘する。

Sansan Eight事業部 Meetsチームプロジェクトリーダーの安藤琢哉氏
Sansan Eight事業部 Meetsチームプロジェクトリーダーの安藤琢哉氏

 見込み顧客に双方をマッチングするのが商談となるのだが、同社の調査によれば、営業を受ける側は、いやいや商談を受けたり、最初から導入を見送る予定で商談の場をセットすることもあるなど、78.8%が商談に関して無駄を感じているという。また営業する側から見ても、新規顧客獲得の手法として行われている「テレアポイントメント」や「飛び込みの訪問」について、営業を受ける立場からは悪印象を持たれやすく、こうしたものも含めて、営業に無駄があると感じている人は少なくないという。

商談を受ける側が、いやいや商談を受けたと回答するユーザーも少なくない
商談を受ける側が、いやいや商談を受けたと回答するユーザーも少なくない
テレアポイントメントや飛び込みの訪問は、5割以上が悪印象を持つという
テレアポイントメントや飛び込みの訪問は、5割以上が悪印象を持つという
商談にたどり着いても、受け手側が内職という形で別の作業をしているような回答も5割以上あったという
商談にたどり着いても、受け手側が内職という形で別の作業をしているような回答も5割以上あったという

 もっとも受け手側からすると、商談を受けたくないわけではなく、興味のあるサービスであれば商談をしたいという回答が8割だったという。こうしたことを踏まえて、マッチングに問題があるとし、Eightの技術を活用することで最適なマッチングが行えると思ったことが、サービスの背景と説明した。

ちなみにテスト開催を実施し、一定の成果があるという
ちなみにテストイベントを実施し、一定の成果があるという

 Sansan取締役 Eight事業部長の塩見賢治氏は今後の展開として、冬には規模を広げた大型のMeets開催を計画。またMeetsのコンテンツを蓄積して、オンライン上で活用するプランもあるという。「ビジネスプラットフォームとして形にとらわれず、良い出会いを生み出せるような企画、発信を行っていく」とした。

Sansan取締役 Eight事業部長の塩見賢治氏
Sansan取締役 Eight事業部長の塩見賢治氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]