logo

「Oculus Touch」コントローラー内部に謎のメッセージを誤印刷--今春出荷分

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 高森郁哉 (ガリレオ)2019年04月15日 10時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは今回、政府が国民を監視する未来を描いたジョージ・オーウェルの小説『一九八四年』をいささか意識しすぎたのかもしれない。

提供:T3 Magazine/Getty Images
提供:T3 Magazine/Getty Images

 Facebookは手違いにより、仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Quest」「Oculus Rift S」に同梱される「Touch」コントローラーに、いくつかの奇妙な文を印刷した。メッセージは「This Space For Rent(このスペースは貸し出し用)」「The Masons Were Here(メイソン家がここにいた)」というものだ。いくつかの開発者キットは、「Big Brother is Watching(政府が監視している)」「Hi iFixit! We See You!(やあiFixit! 君たちを見ているよ!)」という文言とともに出荷された。

 Oculusの共同創設者であるNate Mitchell氏は、米国時間4月12日にこうツイートした。「残念ながら、試作品向けの『イースターエッグ』ラベルが、Touchコントローラー数万台の内部ハードウェアに誤って貼られた」。同氏はさらに、メッセージは不適切で、取り除かれるべきだったと述べた。

 「ハードウェアの整合性や機能性は損なわれていない。社内プロセスを修正したため、これが再発することはない」(同氏)。

 Facebookの担当者であるJohanna Peace氏はメールでこう述べた。「これらのメッセージは、近々発売される(Oculus)QuestおよびRift S用Touchコントローラーの内部にあった。この後のハードウェアからはメッセージをすでに取り除いたが、春にOculus QuestとOculus Rift Sを出荷する時には、一般向けの数万台にこれらのメッセージが含まれている」。

 Facebookは今回発生した件についてあらゆる点を確認し、プロセスを全面的に調査して改善できる点を洗い出したという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]