logo

Facebook、「Messenger」の機能をメインアプリに再統合か

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年04月15日 08時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは、「Messenger」サービスの一部をメインアプリに再び統合することを検討している可能性がある。

Facebook Messenger
提供:Thierry Chesnot / Getty Images

 ソーシャルメディアアプリのリバースエンジニアリングで知られている研究者のJane Manchun Wong氏が米国時間4月12日、FacebookのアプリのスクリーンショットをTwitterに投稿した。Messengerのアイコンが右上の隅にあり、タップするとMessengerの受信箱が表示される。

 Wong氏は、「現時点では、この新しい『Chats』セクションには、基本的なチャット機能しかないようだ」と述べている。「メッセージへのリアクション、通話の発信、写真の送信などを実行するにはやはり、Messengerアプリを起動する必要がある」(Wong氏)

 Facebookがメッセージング機能をメインアプリに再統合すれば、大きく方針が変わることになりそうだ。2014年より、ユーザーがMessengerをモバイル端末で使い続けるには、スタンドアロンアプリをダウンロードする必要があった。Facebookは同年、WhatsAppを買収している。現在、この2つのサービスのチャットとメッセージング機能とともにInstagramを統合しようと準備していると報じられている。

 Facebookの広報担当者は、現時点でそれ以上の詳しい情報は共有できないと述べた。

 広報担当者は、「ユーザーがFacebookアプリ内で、メッセージングをより快適に利用できるようにするための方法をテストしている」とし、「Messengerは今後も、10億人を超える月間ユーザーを擁する機能豊富なスタンドアロンメッセージングアプリとして、ユーザーや、関心のある企業をつなぐ役割を果たしていく」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]