logo

グーグルのダイバーシティ責任者が退職へ

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2019年04月12日 13時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleでダイバーシティ担当責任者を務めるDanielle Brown氏は米国時間4月11日、退職することを明らかにした。Googleはここ1年にわたり、職場の文化に関連して従業員から何度も厳しい批判を受け、対応に追われた。

 後任は、ダイバーシティ、公平性、インクルージョン担当グローバルディレクターのMelonie Parker氏になるとみられる。Brown氏はGoogleに約2年在籍した。LinkedInへの投稿記事の中で、デンバーとサンフランシスコに拠点を置く給与管理や福利厚生管理の新興企業Gustoに加わると述べている。

 同氏は、「世界で最大規模のテック企業の中で、従業員のエンゲージメントやインクルージョンについて解決しようとすることに加えて、私たちのコミュニティのあらゆる地域の店舗、立ち上がったばかりの新しいスタートアップ、あるいは診療所の重要な要求を解決できればどうだろう?」と述べた。

 米CNETはBrowns氏にさらなるコメントを求めたが、回答は得られていない。

 Googleは同氏が退職することを認め、同氏の功績に謝意を示している。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]