logo

アドビのフォントが新元号「令和」に対応--2パターンの合字を追加

山川晶之 (編集部)2019年04月01日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビは4月1日、同社のフォントシリーズである「小塚明朝」「小塚ゴシック」「源ノ角ゴシック」日本語およびPan-CJKフォントにて、新元号「令和」の合字を追加すると発表した。2019年4月30日までにアップデートを完了する予定だ。

キャプション
新たに作成した「令和」の合字

 日本語フォントの多くで、明治・大正・昭和・平成の各元号を構成する2文字を、全角1文字に入るように圧縮してデザインした「合字」が提供されており、アドビでは令和の発表に合わせ、合字の作成を開始したという。

 今回、令和の縦組、横組用の合字を作成し、Adobe Fontsから提供するアドビフォントに段階的に追加する。また、合字は「国際符号化文字集合(UCS)」にも含まれ、日本語フォントやPan-CJKフォントで利用可能。新元号の合字もU+32FF の文字コードが割り当てられ、UCSに収録する予定という。

 そのほか、元データが無い書類でも編集できる同社のドキュメントソリューション「Acrobat DC」を使うことで、あらゆる文書、印刷物、社外への見積書や請求書、ウェブサイト、システムの改修といった大規模対応が可能としており、平成から令和への移行をサポートする。

【4月1日20時20分追記】

アップデート完了予定日を追記しました。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]