logo

JAL、ハワイ路線で新サービス--新たな働き方の提案、xR・IoT技術の活用も - (page 2)

坂本純子 (編集部)2019年03月30日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VRで現地体験--脳波をもとにオプショナルツアーのレコメンドも

 また、新しい旅のスタイルの提案として、VRで現地体験ができる「JAL xR Traveler」と現地ツアーを購入できる「JAL 体験自販機」を開発した。

「JAL xR Traveler」と現地ツアーを購入できる「JAL 体験自販機」
「JAL xR Traveler」と現地ツアーを購入できる「JAL 体験自販機」

 JAL xR Travelerは、SOOTHのxR技術を活用した旅を気軽に再現するサービス。視覚や聴覚に加え、嗅覚(現地の匂いを再現)、触覚(送風装置や歩行器を活用)なども刺激し、より没入感のある体験を実現する。

 発表会場には体験コーナーがあり、実際に試してみた。歩行器の上に乗り、VR装置を装着してスタートする。山と海を選べるのだが、今回は海を選んだ。

 ナビゲーターに手を引かれながら、海辺を散策するストーリーだ。360度を見渡しながら、ゆっくり海辺を歩くだけでも楽しいが、「コーヒーのいい匂い」──。ナビゲーターのささやきとともに、海辺のテーブルでコーヒーをいれている映像が見え、本当にコーヒーの香りが漂ってくる。

JAL xR Travelerの様子
JAL xR Travelerの様子

 あるときは、VR上で目隠しをされ、「ほら、見て!」との声で目を開けると、目の前に海が広がり、ヤシの木の風がそよぎ、海風を感じられる。心なしかほんのり甘い香りで、送風装置であることなど忘れて、ハワイの疑似体験を楽しめた。

実際にこのように手をつないでいる
実際にこのように手をつないでいる

 もう一つ、おもしろいのが同時に脳波を測定していることだ。どういったものに興味を示しているかを分析し、今後は相性の良い旅行先や旅行スタイルの提案を目指すとしている。

 JAL 体験自販機は、JALPAKハワイが扱う約600種類の現地オプショナルツアーの見せ方を変えたもの。ボトルの下には「神聖な空気と壮大な夕日」「ハワイのジャングル満喫」「ハワイ島の自然を歩く旅」などのテーマが並ぶ。

JAL 体験自販機のメニュー
JAL 体験自販機のメニュー

 興味を持ったものをタップすると、大画面に写真やスケジュール、映像などが表示される。申し込みたいときは自身のスマートフォンでQRコードを読み取り、手続きをするしくみだ。

 今後は、カメラから性別や年齢を自動判別して旅をレコメンドしたり、JAL xR Travelerで解析した脳波をもとにレコメンドしたりする機能も予定。

オプショナルツアーの詳細
オプショナルツアーの詳細
QRコードをスマホで読み取り、自分の端末でゆっくり見たり申し込んだりできる
QRコードをスマホで読み取り、自分の端末でゆっくり見たり申し込んだりできる

 まずはハワイのイベントで一般向けに体験できるようにするほか、今後は空港のラウンジなどに置き、出発前の空き時間に使ってもらうことを目指すとしている。

JALハワイ イメージキャラクターの長谷川潤さんも駆けつけた
JALハワイ イメージキャラクターの長谷川潤さんも駆けつけた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]