logo

日本航空、xR・IoT技術を活用した「旅の試着」--脳波の分析に基づく提案も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)は3月26日、旅との新しい出会い方・選び方の提案を目指し「Try on trips」のコンセプトのもと、最新のテクノロジーを活用した取り組みを開始すると発表した。

キャプション

 その第一弾として、xR(VR、AR、MRなどの総称。xは未知数を示す)技術を活用したバーチャルツアー体験「JAL xR Traveler」や、IoTを活用して最適なツアーを購入できる「JAL 体験自販機」のトライアルを開始する。

 JAL xR Travelerは、SOOTHのxR技術を活用した旅を気軽に再現するサービス。視覚や聴覚に加え、嗅覚(現地の匂いを再現)、触覚(送風装置や歩行器を活用)なども刺激し、より没入感のある体験を実現するという。

 体験者はナビゲーターに誘われ、とっておきの場所や過ごし方を、現地の空気感を味わいながらバーチャルで旅することが可能。さらに、体験者の脳波を分析し、相性の良い旅行先や旅行スタイルの提案を目指す。

 今回は、同社が提唱する新しいハワイ旅のスタイル「Style yourself」に合わせたコンテンツを複数用意し、トライアルを実施する。

キャプション

 JAL 体験自販機は、日経イノベーション・ラボの協力を得て開発したスマート自動販売機。自販機のパネルに表示された好みの「現地体験」を選び、スマートフォンを使って商品のQRコードを読み取ることで、現地体験が購入できる。

 また、デジタルサイネージとして広告や動画を配信することも可能だとしており、同社では、今後AIによる分析・レコメンド機能なども追加し、より最適な現地体験を提案する予定。

 なお今回は、JALPAKハワイが扱う現地オプショナルツアーをJAL体験自販機にて販売する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]