logo

サクッと復習、アップルの発表イベント「It's show time」まとめ

Lori Grunin  (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月26日 08時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが大々的に何かを発表するとすれば、通常は新型デバイスだ。しかし今回、Appleは先週のうちに「iPad」「iMac」「AirPods」の新モデルを発表し、米国時間3月25日の「It's show time.」イベントではソフトウェアに的をしぼり、次世代の「世界クラスのサービス」を発表した。注目すべき点の1つはオンデバイストラッキングで、何を購入して何を読んだかといった習慣が本人以外に知られることはないという点だ。

「Apple TV」チャンネルと「Apple TV+」

 アップデートされたApple TVアプリ内で、任意のソースからのチャンネルを自由に登録し、アプリ内にとどまったままソースを切り替えられるようになる。アプリでは、より適切なおすすめを提供するために機械学習を採用している。また、2019年秋には「Mac」に加え、スマートテレビ、「Roku」、Amazonの「Fire TV」に対応する。「Apple TV+」は同社のオリジナルコンテンツ配信サービスで、発表にあたり数々の著名人が登壇した。2019年秋に提供開始予定だ。

提供:James Martin/CNET
提供:James Martin/CNET

「Apple Arcade」

 Appleは、有料プレミアムゲームをサブスクリプションサービス「Apple Arcade」で提供する。「App Store」の新しいタブから利用できるようになる。Dave Gibbons氏など、多数の大物アーティストがこのサービスに参画している。定額制プレイ放題のサブスクリプションサービスで、ローンチ時には100を超えるゲームが提供される。2019年秋に提供開始を予定しており、価格は未定。

「Apple Card」

 「Apple Pay」が交通機関に対応する。最初に導入されるのは太平洋岸北西部だ。また同社は、独自のクレジットカード「Apple Card」を発表した。オンラインで直ちに登録でき、アプリベースでサポートされ、カテゴリ別に支出を示すなど明細書をわかりやすく表示する。Goldman SachsおよびMasterCardと提携している。

Apple Pay
提供:Apple

「Apple News+」

 「Apple News」の拡張版となる「Apple News+」は、雑誌も対象とするサブスクリプションサービスだ。ローンチ時には、300を超える雑誌や新聞およびデジタル配信に対応する。まず米国とカナダで提供を開始する。月額料金は9.99ドル(約1100円)で、初月は無料。「ファミリー共有」が利用できる。

Apple News+
提供:Apple/Screenshot by Mike Sorrentino/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]