logo

NVIDIA、スケッチから本物のような風景画像を生成する敵対的生成ネットワークを披露

Chris Duckett (ZDNet.com.au) 翻訳校正: 編集部2019年03月19日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NVIDIAの研究者が、ラフスケッチやセグメンテーションマップから現実的な風景画像を作成するための新しい敵対的生成ネットワークモデルを開発した。まだ完璧ではないものの、人々が独自の合成風景を作成できるようにするという目標に一歩近づいたことは確かだ。

NVIDIAの「GauGAN」
提供:NVIDIA

 この「GauGAN」モデルは都市計画者やゲームデザイナー、建築家が合成画像を素早く作成するのを支援するツールとされている。このモデルは100万枚以上の画像(Flickrの4万1000枚の画像を含む)で訓練された。研究者によると、GauGANはスケッチの細部を埋める「スマートペイントブラシ」として機能するという。

 NVIDIAで応用ディープラーニング研究のバイスプレジデントを務めるBryan Catanzaro氏は、「木や太陽、空の位置を示す塗り絵のようなものだ」と述べ、「ニューラルネットワークは実際の画像について学習したことに基づいて、細部や質感、反射、影、色をすべて補完することができる」とした。

 NVIDIAの研究者らは米国時間3月18日に開催されたGPU Technology Conferenceで報道陣向けのデモを行い、実際に動作しているGauGANを披露した。そして、GauGANが画像をリアルタイムでレンダリングしたり、季節によって画風を変えたりできることや、水が反射して、風景と相互作用する様子を示した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]