logo

広げて3D撮影、たたんで360度撮影が可能な「Insta360 EVO」--国内でも予約開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SB C&Sは、1台で180度の3D撮影と360度の全球撮影が可能なShenzhen Arashi Vision製カメラ「Insta360 EVO」を4月12日より国内販売すると発表した。発売に先立ち、3月14日に取り扱い店舗で購入予約の受付を始める。SoftBank SELECTIONオンラインショップでの税込み販売価格は5万6570円。

1台で180度の3D撮影と360度の全球撮影が可能(出典:Shenzhen Arashi Vision)
1台で180度の3D撮影と360度の全球撮影が可能(出典:Shenzhen Arashi Vision)

 Insta360 EVOは、たたんだ状態だと約50.3×49×52.54mmの立方体に近い形状で、前面と背面に搭載された2つのカメラモジュールで360度の全球写真やビデオが撮影できる。広げると180度の3D写真およびビデオの撮影が可能となり、「QooCam」と同じコンセプトの一台二役カメラだ。

360度映像のサンプル(出典:SB C&S/YouTube)


180度3D映像のサンプル(出典:SB C&S/YouTube)


 Shenzhen Arashi Visionの360度カメラ「Insta360 ONE」と同じく6軸ジャイロスコープを内蔵し、外付けスタビライザーを使わず手ぶれ補正機能を提供する。画質は、静止画が6080×3040ピクセル、動画が5760×2880ピクセル(30fps)、3840×1920ピクセル(50fps、30fps)、3008×1504ピクセル(100fps)のいずれか。静止画のタイマー撮影やインターバル撮影、動画のタイムラプス撮影なども可能。

 撮影した写真とビデオ映像は、専用スマートフォンアプリと付属の簡易3Dグラスで楽しめる。「Insta360 VR」アプリを使うと、「Oculus Go」「HTC VIVE Focus」「Galaxy Gear VR」などのVRヘッドセットでも見られる。

 バッテリー容量は1200mAhで、連続動作時間は65分。

Insta360 EVOの紹介ビデオ(出典:Shenzhen Arashi Vision/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]