logo
Kickstarter

1台でVR用3D映像と360度全球映像が撮れるカメラ「QooCam」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 立体視可能な仮想現実(VR)ゴーグル用の3D映像も、周囲360度の全方位を眺められる全球映像も、撮影された現場に立っているような臨場感がそれぞれ味わえる。今回は、その両方の映像を1台で撮影できるカメラ「QooCam」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


180度のVR用3D映像と360度の全球映像を1台で撮影(出典:Kickstarter)

 QooCamは、一方の側面に2つ、反対の側面に1つ、合計3つのレンズを備えるカメラ。2つ並んだレンズを使うと視野角180度のVR用3D映像が、裏表のレンズ2つを使うと周囲360度をカバーする全球映像が撮影できる。もちろん、VR用3D写真と全球写真の撮影も可能。


3つのレンズを搭載(出典:QooCam公式サイト)

 最高で120 FPSのビデオ撮影に対応しており、スローモーション映像が残せる。手ぶれ防止アルゴリズムも搭載し、スタビライザーなしで安定した映像を撮影できるという。タイムラプス映像の撮影、映像のライブストリーミングにも使える。


USBやWi-Fiを介してライブストリーミング(出典:Kickstarter)

 VR用3D写真を撮影した場合は、2つの画像から生成する深度マップ情報を利用して、ピントの合っている位置を後から自由に変えられる。

ピントは撮影後に調整可能(出典:Kickstarter)
ピントは撮影後に調整可能(出典:Kickstarter)

 撮影できる映像および写真の解像度などは以下のとおり。

360度全球ビデオ

  • 3840×1920ピクセル(30 FPS)
  • 3840×1920ピクセル(60 FPS)
  • 1920×960ピクセル(120 FPS)

360度全球写真

  • 4320×2160ピクセル

180度VR用3Dビデオ

  • 3840×1920ピクセル(30 FPS)

180度VR用3D写真

  • 4320×2160ピクセル

 撮影する映像と写真は、QooCamに挿入した最大256ギガバイトのmicroSDカードに保存。バッテリ容量は2600mAhあり、最大3時間の連続撮影が可能。サイズは0.98×1.22×7.83インチ(約2.5×3.1×19.9cm)、重さは170g。


さまざまなシーンで活躍(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間6月1日まで。記事執筆時点(日本時間5月7日15時)でキャンペーン期間は25日残っているが、すでに目標金額3万ドル(約327万5100円)の10倍近い約29万ドル(約3166万円)の資金を集めている。

QooCamの紹介ビデオ(出典:Kickstarter)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]