logo

Twitter、プロトタイプアプリ「twttr」の提供を開始--登録テスターに

Abrar Al-Heeti (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2019年03月12日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間3月11日、プロトタイプアプリ「twttr」の提供を開始した。テスターは新機能を試してフィードバックを提供できる。twttrは、同ソーシャルネットワークの最初期の名称だ。

提供:Chesnot / Getty Images
提供:Chesnot / Getty Images

 この「Twitterプロトタイププログラム」は、会話を見つけやすく、たどりやすくすることを目指すもので、ユーザーはTwitterサイトからプログラムに参加申し込みができる。その後、数週間以内に、申し込みに対する連絡が電子メールで届く。

 ソーシャルメディアコンサルタントのMatt Navarra氏が投稿した一連のスクリーンショットによると、プログラム参加者に選ばれたユーザーは、メインのTwitterアプリとしてtwttrを利用するよう要請される。また、試用中の新機能に関するスクリーンショットをハッシュタグ「#LetsHaveAConvo」をつけてツイートしたり、フォームを通じて率直なフィードバックをTwitterに送信したりすることが求められる。

 Twitterはこれまで、ユーザー間の会話を色分けし、最初のツイートを投稿したユーザーに対して自身の返信はグレー、フォロワーからのリプライは青色で表示するアイデアなどを検討してきた。

 テストされている機能の一部は一般には公開されない、あるいは変更される可能性もあるとTwitterは述べている。テストでうまくいった機能も、一般に提供されるのは数カ月先になる可能性がある。また同社によると、プロトタイププログラムの参加者の大半は、英語または日本語を話すユーザーになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]