logo

アップル、2019年中にARヘッドセットを量産開始か--著名アナリストのクオ氏

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月11日 08時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの拡張現実(AR)ヘッドセットが、2020年に準備される可能性があるという。Apple関連の予測で定評のあるMing-Chi Kuo氏が述べた。AppleはARヘッドセットに取り組んでいると2017年頃から憶測が広がっている。

 Apple Insiderが入手した投資家向けメモの中で、量産は2019年第4四半期に開始されるかもしれないが、第2四半期にずれ込む可能性もあるとKuo氏は述べている。Apple Insiderによると、リリース日は不明だが、リリースまでのスケジュールについては「楽観的で比較的短期間」になるとKuo氏は考えているという。

 米CNETはKuo氏にコメントを求めたが回答は得られていない。

 Appleは、AR技術と仮想現実(VR)の技術をサポートするヘッドセットに取り組んでいると報じられていた。各レンズには8Kディスプレイが搭載され、最終的にスマートフォンやコンピュータなしで単体で動作できるようになる可能性があるとされていた。

 Kuo氏は、ARヘッドセットの第1世代について、レンダリングやデータ接続の提供、ロケーションベースのサービスなどの処理は「iPhone」が行うとみているようだ。

 米CNETはAppleにコメントを求めたが回答は得られていない。

AR
提供:iDrop News

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]