logo

ドコモ、ドローン運用をトータル支援するプラットフォーム「docomo sky」を提供

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは3月8日、ドローンを活用してビジネスを展開する企業(パートナー)向けにドローン運用をトータルに支援するサービス「docomo sky」の提供を開始すると発表した。

 同サービスは、クラウドコネクト、運航支援基盤、ビジネス支援基盤、解析支援基盤の4つの要素で構成され、ドローンを用いてサービスを提供する企業がウェブ上で統合管理できる仕組みを提供。ドローンとプラットフォームをセルラーネットワークで常時接続することで、複数台の自動飛行、目視外での遠隔操作、機体情報やフライトの管理、撮影画像データなどのセンシングデータをリアルタイムに取得し、管理・分析するまでの一連の運用をウェブ上で管理可能とすることをコンセプトとしている。


 このサービスを用いたドローン活用のソリューションの第1弾として、点検にかかる業務コストの効率化を目的とした「ソーラーパネル点検」を提供する。赤外線カメラを搭載したドローンでパネル表面を撮影。得られたデータを分析することで、ホットスポットと呼ばれる異常箇所を検出し、レポートを作成するところまでを自動化するという。これにより、短時間で効率よく、発電に悪影響を及ぼす要因の発見・対処が可能となった。

 ドコモは、2017年から自社の携帯電話無線基地局点検にドローンを活用しており、そこで培った点検ノウハウと同サービスを組み合わせて「ドローン基地局点検システム」を開発。2019年2月より自社基地局利用の全国展開を開始している。同システムは、専用の操縦者向けグランドコントロールステーションアプリにより点検業務を支援。操縦者は、簡易な操作により高度や速度を設定し、ドローンの自動飛行、自動撮影、撮影画像のリアルタイム送信が可能となっている。

 また、点検者は、同サービスのウェブサイトにログインすると、専用画面から遠隔地の鉄塔の品質保全状況を即座に確認することも可能。これらを活用することで、飛行の一部と撮影が自動化され、操縦者の作業負担が解消するとともに、これまで自社基地局点検の課題だった操縦者のスキル平準化を実現している。さらに、機能拡充として、これまで人が目視で確認していた基地局の劣化状況をAIによって判定する機能を開発し、今後精度向上や最適化に取り組むという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]