logo

「Chromium」ベースの「Edge」とされるスクリーンショットが公開

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年03月06日 08時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Chrome」で使われている技術を採用して「Edge」ブラウザを再構築していることは既に知られているが、この度流出したとされるスクリーンショットからは、それがGoogleのChromeにかなり似ていることがうかがえる。

提供:Getty Images
提供:Getty Images

 スクリーンショットは現在の状態を示していると、Neowinは米国時間3月5日に報じた。Microsoftは同ブラウザをテスト中だ。

 ナビゲーション、更新、ホームの各ボタンはChromeと同じ場所にあり、拡張機能は、Microsoftのプロフィール画像とともにアドレスバーの右側にある。

流出したとされるスクリーンショット
流出したとされるスクリーンショット
提供:Neowin

 このブラウザには同社の検索エンジン「Bing」が統合されており、新しいタブにはBingのその日の画像が表示される。下方向にスクロールすると、パーソナライズされたニュースフィードが表示される。

 新しい「Microsoft Edge Store」のスクリーンショットには、対応するさまざまな拡張機能が示されている。ある開発者は2018年12月、再構築されたEdgeはChromeの既存の拡張機能に対応する見込みだと述べていた。

 Chromeに似たこれらのスクリーンショットが本物だったとしても、新しいEdgeはまだ初期の段階にあり、今後徐々にGoogleのブラウザと差別化されていく可能性がある。

 新しいEdgeの正式なデザインがいつ公開されるのかは不明だ。流出したスクリーンショットについて米CNETはMicrosoftにコメントを求めたが、直ちに回答を得ることはできなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]