logo

DeNA×SOMPO、個人間カーシェアとマイカーリース事業で合弁会社--「0円マイカー」も

坂本純子 (編集部)2019年02月28日 20時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)とSOMPOホールディングスは2月28日、個人間カーシェアリング事業の合弁会社「DeNA SOMPO Mobility」とマイカーリース事業の合弁会社「DeNA SOMPO Carlife」設立に関する合意書を締結した。

 自家用車の年間稼働率は約3%と言われているという。個人間のシェアで維持費を軽減したいというニーズを背景に、DeNAとSOMPOホールディングスは、合弁会社の設立を通じて「安心・安全」な個人間カーシェア市場の実現を目指す。

左から、ディー・エヌ・エー執行役員オートモーティブ事業本部長の中島宏氏、ディー・エヌ・エー代表取締役会長の南場智子氏、SOMPOホールディングス 国内損害保険事業オーナー取締役兼損害保険ジャパン日本興亜 代表取締役社長 社長執行役員の西澤敬二氏、損害保険ジャパン日本興亜 執行役員ビジネスデザイン戦略部長の中村愼一氏
左から、ディー・エヌ・エー執行役員オートモーティブ事業本部長の中島宏氏、ディー・エヌ・エー代表取締役会長の南場智子氏、SOMPOホールディングス 国内損害保険事業オーナー取締役兼損害保険ジャパン日本興亜 代表取締役社長 社長執行役員の西澤敬二氏、損害保険ジャパン日本興亜 執行役員ビジネスデザイン戦略部長の中村愼一氏

 この事業のベースは、2015年9月より運営している個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」だ。クルマを使わない間にシェアしたいオーナーと必要なときに好みのクルマを使いたいドライバーをアプリでマッチングする。約3年半で会員数は20万人、700車種、クルマの登録数は7000台以上と業界では最も高いシェアを持つ。

個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」。アプリ上で貸したい人と借りたい人をマッチングする
個人間カーシェアサービス「Anyca(エニカ)」。アプリ上で貸したい人と借りたい人をマッチングする

 DeNAは100%子会社となるDeNA SOMPO Mobilityを設立し、Anyca事業を吸収分割の方法により承継する。分割契約締結日は3月1日で、分割予定日は4月12日。DeNA SOMPO Mobilityの代表取締役社長にはディー・エヌ・エー執行役員オートモーティブ事業本部長の中島宏氏が就任する。

 DeNA SOMPO Mobilityを設立後、SOMPOホールディングスに対して第三者割当増資を行う。DeNA SOMPO Mobilityの持ち株比率はDeNAが51%、SOMPOホールディングスが49%でディー・エヌ・エーの連結子会社となる予定。

Anycaの実績
Anycaの実績

 また、新たにマイカーリース事業を運営する合弁会社として、DeNA SOMPO Carlifeを設立する。特徴はDeNA SOMPO CarlifeでリースしたクルマをAnycaでカーシェアするしくみを提案することだ。

 6月より新しいマイカーリース事業を展開予定で、専業保険代理店で取扱を開始する。愛知、大阪、首都圏からスタートし、順次拡大予定だ。将来的には月間1000台規模の販売を計画。だれもがあこがれのクルマをマイカーにできる社会を目指すとしている。商品内容は5月に発表予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]