logo

留学生の受講履歴や成績証明管理にブロックチェーン--富士通やソニー子会社が実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・グローバルエデュケーション、富士通、富士通総研は2月27日、外国人留学生を受入・育成するヒューマンアカデミーの協力のもと、講座受講履歴や成績データの管理においてブロックチェーン技術の有用性を確認する実証実験を開始したと発表した。実験期間は、2019年2月27日から3月29日まで。

キャプション

 ブロックチェーンを活用し、留学希望学生から提出される学習証明書の記載内容とブロックチェーン上に蓄積された受講履歴や成績などの学習データを照合。希望者は、留学前に富士通のデジタルラーニングプラットフォーム「Fisdom」上から、エドベックの日本語検定資格取得を支援する「日本語検定対策講座」(にほんごdojo)を受講し、試験点数や日本語会話力、学習時間などをデータで収集。証明書としてブロックチェーン上に格納する。

 ヒューマンアカデミーは、留学希望学生から提出される学習証明書をブロックチェーン上の証明書データと照合することで、信頼性の高いデータをもとに個々の語学能力を正確に把握。留学後における個々の能力に見合った適切な教育を支援することが可能になるという。

 ソニー・グローバルエデュケーションは、富士通のブロックチェーン技術を活用し、信頼性の高い証明書発行と検証の機能を提供する。富士通は、Fisdomの教育機関への提供するほか、ブロックチェーンのクラウドサービスをソニー・グローバルエデュケーションに提供。富士通総研は、教育機関に対するニーズ調査や社会実装に向けたビジネスモデル提案する。

 同実証実験は、教育分野におけるブロックチェーン技術の有用性確認に関する課題・ニーズ整理と、社会実装に向けたビジネスモデル提案を目的として実施する。今後3社は、学習ログや成績情報をさらに多角的に解析することで、学習姿勢やプロセスをも評価できる取り組みも検討する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]