logo

手首に装着するスマートフォン「Nubia Alpha」がMWCに登場

Lynn La Kent German (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月27日 10時43分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:Andrew Hoyle/CNET

 サムスンの「Galaxy Fold」、華為技術(ファーウェイ)の「Mate X」、Royoleの「FlexPai」が発表され、折りたたみ式スマートフォンがその斬新なデザインと革新的なスクリーン技術により、注目を集めている。中国のスマートフォンメーカーZTEの関連会社であるNubiaは「Nubia Alpha」によって、それをさらに一歩先に推し進めている。Mobile World Congress(MWC)2019で披露されたAlphaは、スマートフォンであるにもかかわらず、スマートウォッチのように手首に装着する点がユニークだ。

Nubia Alphaはゴールドとブラックの2色が用意されている
Nubia Alphaはゴールドとブラックの2色が用意されている
提供:Nubia

 このコンセプトに懐疑的な人がいるのも理解できる。われわれも最初はそうだったからだ。しかし、Alphaを少し使用しただけで、そうした印象は変わった。Alphaはクールであり、使っていて楽しい。スマートフォンのデザインに関して、これまでと違うものがついに登場した、と言ってもいいだろう。実際に購入する人は少ないかもしれないが、Alphaが素晴らしいことに変わりはない。

 フレキシブルOLEDディスプレイは高さ4.01インチ(約10.2cm)で、指を使って操作する。それぞれ異なる色で表示される4つのメニュー間を左右のスワイプで移動し、ループする各メニューを上下のスワイプでスクロールする。画面の反応は良好で、個々の項目を選択できるだけの大きさを備えている。前に戻りたいときは、下のクラウン(竜頭)を押す。

 Alphaでは、ジェスチャー操作でメニューを移動することも可能だ。具体的には、センサの前で手を振って操作する。うまく機能するが、試用した時間が非常に短かったため、きちんと確認するのは困難だった。とはいえ、たとえジェスチャー操作機能が完璧だとしても、指を使って操作した方がいいように感じる。町中で自分の手首の上で手を振っていたら、少し間抜けに見えるだろう。

 Alphaは耐水性を備える。耐久性もあるように感じた。ゴールドモデルは確かに派手だが、ブラックモデルも決して地味ではない。BluetoothモデルとeSIMモデルの2種類があり、後者は4Gに対応する。Qualcommの「Snapdragon Wear 2100」プロセッサと500mAhのバッテリが搭載されている。豊富な睡眠追跡および健康補助アプリのほか、音楽プレーヤー、Wi-Fi、500万画素のカメラ(写真と動画を撮影可能)も備える。

 eSIMモデルでは、数字キーパッドを使って電話を発信した後、Bluetoothヘッドセットを使って話をする。フルキーボードを表示できるスペースはないので、2005年から現代によみがえったような9キーのアルファベットキーパッドを使用する必要がある。幸い、Alphaでは音声操作も利用可能だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]