logo

サムスン、Infinity-U採用のミッドレンジスマホ「Galaxy A50」「Galaxy A30」を発表

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2019年02月26日 07時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Galaxy A30

Galaxy A30

提供:Andrew Hoyle/CNET

 サムスンはスペインのバルセロナで開幕したMobile World Congress(MWC)で現地時間2月25日、ミッドレンジの「Galaxy A」シリーズに属する新型スマートフォン2機種を発表した。

 「Galaxy A50」と「Galaxy A30」は、2019年に発売される最初のモデルで、ともに「Infinity-U」を採用した6.4インチ、1080×2340ピクセルのSuper AMOLEDディスプレイを搭載する。サイズは、高さ158.5mm、幅74.7mm、厚さ7.7mm。

 両者の違いはまずカメラだ。A50は、前面に2500万画素のカメラ、背面にはトレンドに則って2500万画素、500万画素、800万画素のトリプルカメラを搭載する。A30は、前面に1600万画素のカメラ、背面には1600万画素と500万画素のデュアルカメラを搭載する。

 メモリなどについては、A50では、RAMは4Gバイトまたは6Gバイト、内蔵ストレージは64Gバイトまたは128Gバイトが選択可能。A30では、RAMは3Gバイトまたは4Gバイト、内蔵ストレージは32Gバイトまたは64Gバイトが選択可能だ。

 A50は、ブラック、ホワイト、ブルー、コーラル(「散乱光から発想を得たもの」らしい)の4色展開。画面内指紋認証センサも搭載している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]