logo

自動ゴミ収集や部屋の間取り図学習も--ロボット掃除機「ルンバi7+」など発表

飯塚 直 坂本純子 (編集部)2019年02月20日 08時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイロボットジャパンは2月19日、ロボット掃除機「ルンバ」のフラッグシップモデル「ルンバi7」と「ルンバi7+」を発表した。

キャプション

 ルンバi7は2月22日、ルンバi7+は3月8日に、全国のアイロボット認定販売店ならびにアイロボット公式ストアにて販売を開始する。

 希望小売価格はいずれも税別で、ルンバi7が9万9880円。ルンバi7+は12万9880円。

キャプション

 ルンバi7は、高性能なセンサーを搭載した高速応答プロセス「iAdapt3.0 ビジュアルローカリゼーション」を搭載。1階と2階の区別を含め、最大10の異なるフロアのマップ(間取り図)を作成し、ルンバ自身の正確な位置情報を把握可能。掃除を終えた場所としていない場所を的確に記憶することで、家中をシームレスかつ効率的に掃除できるという。また、複数の間取り図とリビング、キッチンなどの部屋の種類を記憶(個別に名前を付けて管理)でき、ユーザー自身が設定した特定の部屋のみを掃除できるほか、曜日や時間ごとに掃除をする範囲の調整に対応する。

スマートマッピングの特徴
スマートマッピングの特徴
従来と比較して、効率よく掃除ができるようになった
従来と比較して、効率よく掃除ができるようになった
2019年春のルンバ製品ラインアップ
2019年春のルンバ製品ラインアップ
キャプション

 さらに、ゴミを浮かせてパワフルに吸引し、微細なホコリや花粉をフィルターで除去する「AeroForce 3段階クリーニングシステム」を搭載。吸引力が10倍にアップしたパワーリフト吸引により、大きなゴミだけでなく、ペットの毛まで逃さずキレイに掃除できるという。ゴミや汚れが多い場所は、「ダートディテクトテクノロジー」により、汚れが多い場所をセンサーで感知。キレイになったと判断するまで集中的に清掃可能。

 家具の脚まわりや壁際、部屋の隅のとりにくいゴミについても、独自の角度で設計されたエッジクリーニングブラシが、その場の状況に合わせて考えながら動き清掃。髪の毛などがからまりにくいゴム製のデュアルアクションブラシは、1本目のブラシがゴミを浮き上がらせてかき出し、2本目のブラシが逆回転することで、フローリングやカーペットなどさまざまな床に密着しながらゴミを取り除く。

キャプション

 ゴム製のため、髪の毛やペットの毛などが絡まりにくく、手入れも簡単だとしており、ルンバe5に初採用された丸ごと水洗いできるダスト容器も採用している。

 Wi-Fi対応モデルであるため、iRobotHOMEアプリを導入したスマートフォンによる操作が可能。外出先から清掃を開始できるほか、GoogleアシスタントやAmazon Alexaを使うことで、話しかけて特定の部屋を掃除するといった使い方に対応する。

キャプション

 ルンバi7+は、ルンバi7に充電ステーション(ホームベース)を兼ねた「クリーンベース」と呼ばれる自動ゴミ収集機をセットしたモデル。これに伴い、ルンバi7に同梱されたホームベースがなくなり、電源コードもクリーンベース用の物と変更されている。また、交換用紙パックを1個同梱する。

ルンバi7+は、クリーンベースでゴミを吸引するための口がついている
ルンバi7+は、クリーンベースでゴミを吸引するための口がついている

 クリーンベースを利用すると、ダスト容器のゴミをルンバが自動でクリーンベースの密封型紙パックに排出して収納(30杯分)できるようになり、長期にわたっての自動運用が可能となる。また、紙パックは手を汚すことなく簡単に引き出して交換できる。

キャプション

 ほかにも、壁や家具を感知してカーテンやベッドカバーなどが垂れ下がっていても奥まで進んで清掃するソフトタッチバンパー、ルンバの進入禁止エリアを設定できるデュアルバーチャルウォール、清掃途中でバッテリー残量が少なくなると自動でホームベースまたはクリーンベースに戻って充電し、充電後は掃除を再開する機能などの機能を搭載した。ロボット本体サイズは、35.1cm×9.2cm。重量は、約4kg。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]